おやじ臭い 加齢臭 消す

おやじ臭い!加齢臭は消す事ができるか?!

体臭は人間なら、みんな持っているものです。
でも、周りに不快感を与えるような臭いは何とかしたいですよね。
おやじ臭いのは最悪!
おやじ臭を消すことをテーマに考えていきたいと思います。

程度の差こそあれ、誰でも多少の体臭はあるもの。とはいえ満員電車の中やコンパ、商談など人と接する必要があるときは気になるものです。
特に女性はニオイには敏感です。

デートの時に体臭がきついと100年の恋も冷めちゃいます。
体のにおいは自分では気づかないことも多いです。
だからつい過敏になってしまうこともあるんですね。
自分では気づきにくい→もしかしたら匂うんじゃないか?

こういう不安から精神的にまいってしまう場合も。
体のニオイには色んなタイプがあり自分がどのタイプなのかを知ることがまず大切です。
体のどの部分が匂うのかをまず知ることです。
わきの下や頭、口臭が強い場合もあります。
また、年齢を重ねると強くなる加齢臭とうのもあります。
自分のにおいの特徴を知って、体臭防止の対策を考えましょう。

●加齢臭の原因はノネナール


体臭の原因に加齢臭というのがあります。
「おやじ臭い」というあのニオイです。
その存在はかなり昔から多くの人に何となく知られていましたがはっきりと明らかにしたのが資生堂の研究チームといわれています。
2000年ごろ発表されたのですが40歳を過ぎた中高年に多く見られるもので、独特の体臭を放つようになります。
原因としてノネナールという物質があります。

これが加齢臭の原因物質なんです。
ノネナールの主な発生原因はバルミトオレイン酸という物質で体から分泌される脂肪酸のこと。
一般的には皮脂の分泌が多いのは男性で、より加齢臭が気になるのは女性よりも男性の方が多いのです。
もちろん、女性も「おばさん臭い」というのがあるので加齢臭が無いわけではありませんが男性の方が比率としては多いのです。
皮脂が多いということはそこに細菌が繁殖して臭う原因にもなります。
体を清潔にすることを心がける必要があります。

●加齢臭はどのような臭い?


加齢臭の臭いとはどういったにおいなのでしょうか。
ろうそくや青臭いにおい。
また、チーズや古本のような臭いと表現されます。
人によって感じ方が違うと思いますが基本的には不快な中高年独特のにおいを指して加齢臭と呼んでいます。

ノネナールは体から直接出てくるのではなく、体から分泌された皮脂が細菌の働きで分解されて出来る物質です。
ですから皮脂汚れをきれいに洗い流し、細菌が繁殖しないように体を清潔に保つことが加齢臭を抑える対策といえます。
また、肌の機能も年齢を重ねるほど落ちていきますので汚れも溜まりやすくなります。

●加齢臭と活性酸素


加齢臭に影響を与えているもうひとつの物質は活性酸素です。
加齢臭は生活習慣で強くなることがあります。
ストレスの多い生活だったり、過度のアルコール摂取、喫煙など。
また、脂っこい物が好きな人は皮脂の量も増えると考えられるため、加齢臭が強くなる可能性があります。

においの原因は皮脂腺から分泌された脂肪酸がバクテリアによって分解、発酵されてできるノネナールですから、食事も脂肪分が多すぎるものだとそれだけ脂肪酸の分泌が多くなる可能性があります。
活性酸素はストレスや喫煙、過度の運動や過度のアルコール摂取で増えてしまいます。

体内の脂肪が活性酸素によって酸化されるとそれだけ脂肪酸の分泌が増えるわけですから、ノネナールの発生も増える→加齢臭が強くなる。
こういったことが起こるわけです。
活性酸素を除去する酵素は年齢を重ねるごとに私たちの体内から減少していきます。
そういったこともにおいがきつくなる要因のひとつと思われます。

たばこも活性酸素を増やしてしまう原因です。
タバコのにおいと加齢臭が合わさって、おやじ臭いのが倍増するし、活性酸素は増えるしでかなり深刻。
活性酸素をなるべく発生させないようにするには生活習慣の改善が必要です。
まず、ストレスをできるだけ避けること。
寝不足や長時間PCに向かうなどもストレスの原因です。

あとは軽い運動をすること。
ハードなランニングは普通の人には向きません。軽いウォーキングが良いでしょう。
散歩がてら外を歩くというのはそれだけで気分転換になり、ストレス解消につながります。
そして、食事には気を使う必要があります。
食品添加物を多く含む食品は活性酸素を増やすといわれています。

インスタント食品などがその代表です。
そして、出来るだけ野菜や果物を多く摂取すること。
特に緑黄色野菜にはベーターカロチンが豊富に含まれていてこれが活性酸素の除去に効果的です。
野菜や果物にはビタミンCも含まれているのでこれも活性酸素の除去に効果があります。

●女性にも加齢臭はあるの?


加齢臭と聞くといかにも男性だけの物のような感じがしますが、女性にだって加齢臭はあるんです。
においの原因にっなているノネナールは皮脂腺のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びついて発生します。

一般的に女性よりも男性の方が皮脂の分泌が多いので男性の方が臭ってしまうんです。
ですが、女の人でも皮脂の分泌はあるわけですからやはりノネナールが発生してしまいます。
おじさん、おばさん世代になると(ごめんなさいm(__)m)
過酸化脂質やパルミトオレイン酸が増えてしまうために加齢臭が発生しやすくなるのです。

ですから「おじさん臭」だけでなく「おばさん臭」も存在するんです。(悲)
男女を問わず若い世代にはあまり匂いはありません。
年齢としては40歳代から増えてきます。
対策としては体を清潔にする、バランスの良い食事を心がける、ストレスを溜めない。
と言ったことが挙げられます。

 

サイトマップ