足のにおい 原因 細菌 消臭対策

足のにおいの原因は細菌です。ズバリ!消臭対策は?

足のにおいの原因は何なんでしょう?ズバリ細菌が原因なのです。
特に梅雨時や暑い季節は足がムレて臭くなってしまいます。
足も汗をかきます。汗自体は基本的に無臭なのですが細菌にとって汗は水分や塩分などの養分が豊富でそのうえ増殖するのに適した温度もあるためドンドン増殖します。この環境に加えて皮膚の角質などをエサにしているため細菌には絶好の環境なんですね。
この細菌が作り出す物質が足のにおいの大きな原因なんです。
足のニオイは、根本的には、細菌が作り出しています。
足に汗をかいても、その汗自体は、ニオイがありません。
しかし、汗をかくことによって、そこに細菌が、増殖してしまうのです。
水分や塩分が豊富になり、細菌にとっては、絶好の環境になってしまうわけです。
皮膚自体は、特に皮膚の角質は細菌の餌になってしまいます。それを栄養素にして細菌がたくさん繁殖しその細菌が作る匂いがあの不快な足のニオイの原因になっているのです。
汗をかかなければ、細菌の増殖を抑えることはできますが、暑い夏や梅雨時きの足が蒸れるれる時期などは抑えることは不可能ですよね。
汗をかくのはしょうがないですが、それをそのままにしておくと問題です。
要するに、足を清潔に持てばよいわけです。
具体的には、足を洗いましょう(笑)
何はともあれ、やっぱり清潔がいちばんです。
人間は必ず汗をかく動物それならば、足をこまめに洗うのがいちばんの対策です。
細菌は、足の角質を餌にしているので、足を洗う時は、足の角質をとるつもりで、丁寧に洗いましょう。
そうすることで、細菌の餌が減ることになります。
細菌が多ければ多いほど足のニオイが強くなります。
要するに、足を洗えば、細菌と細菌の餌が減り、足のニオイを防止することになります。
足が蒸れやすい人などは家の中では、素足で過ごすことをおすすめします。
乾燥と清潔を心がければ、足のニオイはかなり防げますよ。
足を洗う時は足の指の間を丁寧に洗いましょう。
それから、足の裏の角質をとることも忘れずに。
また、足湯をするのも効果的ですよ。
お湯の中にラベンダーオイルなどを入れると癒しの効果もあり足のニオイが消せて殺菌効果もあります。

●汗かきだけど足のにおいの原因になるの?


足がにおう時って決まって足がムレてますよね。
ムレているのは汗をかいている証拠。
臭いの原因のひとつに足の汗があります。
でも、じつは汗が臭いの直接原因ではなくその汗によって細菌が繁殖しやすくなり、その細菌が不快なニオイを発生しているんです。
足の裏には汗腺といって、汗を出す器官が沢山あります。この汗腺はエクリン腺といって一日で相当の汗を生産します。
靴を履いているとどうしても足がムレてしまって結果、適度な湿度になりそれが細菌にとってはとてもすみ易い環境になります。
この細菌は足の角質や皮脂などを栄養分にして増殖するため、それらの有機物を分解していく過程であの嫌なにおいを発生するというわけです。
足のにおいの原因は汗、というより細菌が直接原因だったんですね。
足の裏にかく汗は基本的には無臭なので汗をかいたからといって、それそのものが臭うわけではないのです。
ただ、細菌にとって心地よい環境になるので出来ればあまり汗をかかない方がにおい防止には効果的なことは確かです。
夏場や梅雨時は当然あせもかきやすく靴のなかも蒸れ易いのですが通気性の高い靴を履く事である程度は対策になります。

●靴が臭くなるのは足のにおいが原因でしょうか?


足のにおいの原因は細菌にあるということが分かりました。
でも見逃されがちなのが靴の存在です。
実は靴自体が臭かったということがよくあるんです。
あなたは、同じ靴を毎日履いてませんか?
毎日同じ靴を履かずに2,3足準備して、それをローテーションすると効果的です。
1日履いたらくつは陰干しにして乾燥させます。
よくあるのが靴を脱いだ瞬間、ニオイがプ〜ン。飲み会の時などは気を使います。
それが原因で飲み会の席をキャンセルすることも・・・・
大事な接待の時などは、気が重くなります。
それが高じて会社を辞めたい、なんて思うことも。
笑い事じゃありませんね。気にし過ぎると精神的にも追いつめられて、ノイローゼなんてことにも発展しかねません。
足に合った靴をはいていますか?あわない靴をはくと、足が緊張して足をかきやすくなってしまうそうです。
靴選びは慎重に。
特にキツめのくつは汗をかく原因になります。
あとは消臭用の消臭スプレーなんかも効果があります。
消臭効果のある靴の中敷もあります。
くつも古くなってくると匂いがしみついできますよね。
そうなってくるとも買い換えるしかないかもしれません。
ただ、スニーカーなどは洗うこともできるので、定期的に洗って清潔にしながら使用するとニオイ防止になります。
見逃されやすいのが靴下やストッキングです。
例えば靴下ならば、こまめにはき替えたり、ストッキングも足を吸収しやすいので、できれば定期的にはき替えたりすると効果的です。
ストッキングに関してはシルクのものが通気性がよく湿気を外に出してくれます。
靴の中のニオイの防止策としては、お茶ガラやコーヒー豆のかすを乾燥させてそれをガーゼに包み靴にいれると、消臭効果があります。

●水虫について


足がにおうのと水虫は恐らく直接関係ないと思います。
確かに水虫になっている方で足のにおいが強い人がいます。
ですが、足のにおいの原因 細菌でも書いているとおり、匂いの原因になっているのは足に繁殖する雑菌です。
細菌の栄養源になっている皮脂や汗、適度な温度といった環境が整いニオイが発生します。
一方、水虫の直接の原因は白癬菌という真菌でカビの一種です。
真菌はカビの一種ですから臭いの原因になっている細菌とは少し違います。
水虫も高温多湿の環境を好む傾向にあるので結果的ににおいが出やすい環境になっているため、水虫の人はあしのにおいも気になるというのが本当のところだと思います。
水虫はたいがい痒みを伴うものですがかゆくない場合もあります。
足裏や足の指の間に良く出来ます。
足指の間がジュクジュク湿っていたり、皮がむけたりします。
白癬菌の栄養源となっているのはケラチンというたんぱく質です。
靴を一日中履いていると適度な温度と適度な湿度になり、水虫にとって住みやすい環境になります。
裸足で生活している人や下駄やサンダルで過ごすことが多い人は革靴を履いている人に比べると水虫になりにくいです。
水虫になるのは足ばかりではありません。
手や頭、爪や股にもできます。
犯人はやはり白癬菌です。
顔や体に出来るものをたむし、股に出来るものをいんきんと呼んでいます。

●細菌を増殖させないようにする事が大切!


足のにおいは、汗と角質と、細菌によって作り出されるものであることは説明しました。
汗をかかなければ、においを作り出す細菌も増えないので、嫌な臭いも発生しにくいのですが、足の裏には数多くの汗腺があるため、どうしても汗をかいてしまいます。
夏場は特にですがたとえ冬場であっても、靴を履いているとどうしても足がムレてしまいます。
足の裏には、エクリン腺と呼ばれる汗腺がたくさんあります。
本来、ここから出る汗は無臭なのですが足の裏の角質や皮脂を餌にする細菌が適度な水分と、塩分、適度な温度があわされて、細菌が増殖する絶好の環境になってしまいます。
ビジネスマンは特に足のにおいを気にする人が多く外回りなどで靴を脱いだときに出るにおいはとても気になります。
大事な接待のときなどはもしかして臭いかも?と思うと落ち着いてお酒も飲めません。
下手をすると足のにおいが原因で契約がうまくいかないんじゃないか?
なんて思うと焦ります。
彼氏や彼女とのデートの時もやっぱり気になる足のにおい。
居酒屋で靴を脱いだとき。スキーやスノーボードでブーツを脱いだときなんか、とても気になります。

●足のにおい対策


対策としては足を清潔にすること。
足の角質を残さない、汗や皮脂を残さない。外出先から帰宅したら足を洗いましょう。
足の指の間も丁寧に洗います。そして、足を乾燥させます。
もう一つの原因は靴にあります。
理想的には靴は長時間はかずに、脱いだら乾燥させることを心掛けましょう。
脱いだ靴はすぐに下駄箱に入れないようにして数時間乾燥させましょう。
湿り気がある状態の靴は細菌が繁殖しやすい環境になっています。
雑菌の増殖を抑えるためになるべく靴は乾燥した状態にしましょう。
でもなかなか靴を履き替えるのは簡単ではないですね。
実際は1日中履きっぱなしなのが普通です。
そこで靴用の除菌消臭スプレーなどを使用すれば効果的です。
あとは靴下。靴下やストッキングもにおいの一つの原因です。
ストッキングなど化学繊維のものは汗を吸い取りにくいので綿などの自然素材が多いです。
できれば靴下もこまめに変えてやるとにおい対策には効果的です。

●足のにおいの消臭


足が臭いのはある意味しょうがないことですね。
でも、できることなら足のにおいは何とかして消臭したいです。
巷ではさまざまな消臭グッズが売られていますよね。
なかでも多いのが消臭スプレーなんですけど、足や靴下の上から直接スプレーするタイプのものや靴そのものにスプレーするタイプなど、種類も豊富です。
あとは、靴にインソールをしくというものあります。
つまり靴に中敷をしくということです。
こちらもいろいろな種類があって、いったい何を選んでいいのやら迷ってしまいます。
靴の中敷は目的によって何種類もあります。防寒用や消臭用、クッションの性能を追求したもの、など様々です。
匂いが気になるのであれば消臭効果の高いものを薦めます。
一般的には中に活性炭が入っているタイプのものが多いようです。
足そのもののにおいでお困りなら、足浴もいいそうです。
洗面器などの両足が入る大きさのものを用意して、40度くらいのお湯を張ります。
その中に少量の酢を入れます。あとは両足をつかるようにします。
足がぽかぽかして気持ちいいみたいです。
足のニオイの原因は細菌が繁殖してニオイを出すことです。
酢には殺菌効果がありますので、消臭効果があるんでしょうね。
最近は靴下そのものに消臭効果のあるものが発売されているようです。
靴下もやはり通気性の良いものがニオイ防止には役立ちます。
どちらかといえば化学繊維のものよりも天然素材である綿などを使用したもののほうが足の汗をおさえ、ムレにくくて細菌の繁殖を抑える効果があると思います。
それから足の指の間は特に蒸れやすいですよね。
ちょっとかっこわるいですが5本指の靴下はクセになります。素材が綿でできている5本指の靴下は通気性もよくムレにくいです。

 

サイトマップ